メール通知設定

  • Q. 関心のある手続分野分類とは何ですか?

    開閉ボタン
    A.

    e-Gov電子申請サービスでは、利用者あてのメッセージの一環として、電子申請対象手続に関する情報を配信可能としています。
    各手続を所管する行政機関が情報発信を行った場合、関心のある手続分野分類を設定されていると、設定を行った手続分野に関する情報がメッセージ一覧に表示可能されるようになります。
    関心のある手続分野分類を設定しない場合は、メッセージ一覧への表示はされません。

  • Q. メールを暗号化するための電子証明書とは何ですか?

    開閉ボタン
    A.

    e-Govからご利用者へ送付するメールを暗号化するための電子証明書になります。
    e-Govでは、公開鍵暗号方式(S/MIMEなど)を採用しており、電子署名用のものとは異なるS/MIME用証明書の登録が必要です。
    暗号化が可能なメールの種類は以下の通りです。

    • その日の申請件数を取りまとめたメール通知である「日次サマリー」
    • 申請案件のステータスに関するメール通知である「案件ステータス」
      (暗号化した場合、各申請案件の詳細情報等がメール本文上に掲載されます。)
  • Q. メールでも通知を受け取るにはどうすればいいのでしょうか。

    開閉ボタン
    A.

    メール通知設定の初期状態は日次サマリー、案件ステータスは[受信しない]、手数料等納付のご連絡、手数料等納付確認のご連絡、手数料等納付期限のご連絡は[受信する]に設定されています。
    「利用者設定」において、メール通知を「受信する」に設定変更することにより、メール通知を受信できるようになります。「利用者設定」で「受信する」に設定変更をお願いします。
    メール通知設定については利用者設定の方法をご確認ください。

    (注意)2023年9月29日以前より前にアカウントを作成済みの方は、初期状態が手数料等納付のご連絡、手数料等納付確認のご連絡、手数料等納付期限のご連絡は[受信しない]に設定されています。

    なお、以下3種類のメール通知は、e-Gov電子申請より必ず送付されるメールとなりますので、「受信しない」設定にすることはできません。

    • 取得期限が近づいている公文書のお知らせ
    • 補正期限が近づいている申請案件のお知らせ
    • 電子送達に関するお知らせ
  • Q. メール通知「日次サマリー」、「案件ステータス」の配信頻度はどのようになっていますか?

    開閉ボタン
    A.

    「日次サマリー」は、1日1回3時頃に配信されます。「案件ステータス」は、4時間ごとに配信され、前回配信から4時間の間にステータスに変更のあった申請案件に関する到達番号等をお知らせします。

  • Q. メール通知「日次サマリー」、「案件ステータス」では、どのような通知を受けることができますか?

    開閉ボタン
    A.

    「日次サマリ―」、「案件ステータス」のメール通知では、それぞれ以下の情報を通知します。

    【日次サマリ】
    前日分の到達件数が記載されます。暗号化指定する場合は、手続ごとに集計した到達件数が記載されます。

    【案件ステータス】
    前回配信から4時間の間にステータスに変更のあった申請案件に関する件数情報が記載されます。

    (暗号化指定しない場合)

    • ステータスが更新された申請案件の件数
    • 発出された公文書等の件数
    • 補正通知を受けた件数
    • 返戻を受けた件数

    (暗号化指定する場合)

    • ステータスが更新された申請案件の件数および到達番号ごとの該当手続名、現在のステータス
    • 発出された公文書等の件数および公文書が発出された到達番号別の手続名
    • 補正通知を受けた件数および補正通知のあった到達番号別の手続名
    • 返戻を受けた件数および返戻された到達番号別の手続名

    ※それぞれ、50件を超える場合は50件を超える部分の到達番号、手続名の記載が省略されます。