e-Gov電子申請とは

電子申請とは、現在紙によって行われている申請や届出などの行政手続を、
インターネットを利用して自宅や会社のパソコンを使って行えるようにするものです。

  • 役所の窓口が
    しまっていても大丈夫

  • どこからでも申請可能

  • マイページで
    状況をすぐに確認

  • パソコン上だけで
    手続が完了

あたらしくなった
e-Gov電子申請

2020年11月下旬に新しいe-Govがリニューアルしました。
新しい機能が加わり、より便利に使いやすくなりました。

  • GビズIDやオープンIDでのログイン

    GビズIDやオープンIDによる認証でログインできるようになり、より簡単に始められます。

  • よく利用する情報をマイページに
    保存できるようになりました

    よく申請する手続や申請者情報など繰り返し使用する情報を保存できるようになりました。

  • Mac用のソフトウェアが加わりました

    従来のWindowsだけでなくMacにも対応し、より多くの方にご利用いただけるようになりました。

  • スマートフォンから処理状況の
    確認ができます

    申請した手続の事務処理状況は、マイページからいつでも確認できます。スマホからもいつでも確認できます。

e-Gov電子申請で使える機能

機能
パソコン
(アプリケーション)
スマートフォン
(Webブラウザ)
申請・届出
利用可能
利用不可
手続の検索
利用可能
利用可能
処理状況
利用可能
利用可能
メッセージ通知
利用可能
利用可能
公文書のダウンロード
利用可能
利用不可

主な省庁の手続数

多くの申請がe-Govで利用可能。これからも拡大していきます。

  • 3,629

    厚生労働省

    (厚生労働省には、中央労働委員会を含んでいます。)

  • 175

    国土交通省

  • 161

    金融庁

  • 129

    経済産業省

    (経済産業省には、資源エネルギー庁、特許庁及び中小企業庁を含んでいます。)

※2020年10月31日現在のe-Gov電子申請サービスで申請可能な手続の件数です。

申請のための
準備は簡単です

最短3ステップで利用可能になります。始めてみましょう。

※電子申請はパソコン(アプリケーション)で行えます。スマートフォンから届出はできません。

  1. 1

    STEP1

    e-Govアカウント登録

  2. 2

    STEP2

    ブラウザの設定

  3. 3

    STEP3

    アプリケーションの
    インストール
    Windows / Mac

電子申請の関連サイト

電子申請に関わる電子納付や公文書署名の検証。開発者向けにAPIを公開しています。

電子申請に関わる、開発者向けにAPIを公開しています。

  • 申請手数料のオンライン支払
    ネットバンク情報

  • 公文書の署名検証

  • 電子申請などe-Govの
    公開API情報