ページの本文へ

気象等の証明及び鑑定

手数料あり この届出には左記の手順が必要です。

手続概要

気象、地象、水象に関する事実についての証明及び鑑定を行ないます。証明を行なった場合には証明書を、鑑定を行った場合は鑑定書を発行します。
また、申請により気象、地象、水象に関する事実を記載したものに対して奥書証明を行います。

電子申請システムによる手続に関する情報

提出方法e-Gov電子申請システムより提出可能
申請書様式e-Gov電子申請システムで提供
添付情報
別送書類
手続可能時間24時間365日手続可能
備考奥書証明の場合は書面にて申請をお願いします。

この手続を電子申請を利用して申請する場合は、以下から行ってください。

電子申請連名不可
このページの先頭へ

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期申請内容によっては証明や鑑定作業に日数を要する場合がありますので、時間的余裕を持って申請書の提出をお願いします。
手数料証明:5,300円(電子申請の場合は5,200円)
鑑定:7,900円(電子申請の場合は7,800円)
奥書証明:5,300円(電子申請は利用できません)
なお、証明書又は鑑定書の枚数が5枚を超える場合は、5枚ごとに上記手数料が加算されます。
相談窓口気象庁総務部総務課広報室
管区気象台、沖縄気象台、海洋気象台の業務課
地方気象台の防災業務課

審査の基準や根拠法令など

審査基準
標準処理期間
不服申立方法
当該手続に関連する情報気象等の証明及び鑑定
備考

手続の根拠、対象者について

手続根拠気象業務法第35条
手続対象者証明書及び鑑定書の交付を受けようとする者、又は奥書証明を受けようとする者

書面による手続に関する情報

提出方法証明鑑定を行なう官署への持参又は郵送等
申請書様式証明・鑑定依頼書
記載要領・記述例証明・鑑定依頼例
添付書類・部数
提出先気象庁総務部総務課広報室
管区気象台、沖縄気象台、海洋気象台の業務課
地方気象台の防災業務課
受付時間月曜日から金曜日(祝日を除く)
受付時間は官署で違いますので、提出先の官署にお問い合わせ下さい。
備考郵送による証明書・鑑定書の受け取りを希望される方は、返信用切手を貼った封筒を持参いただくか、返信用切手を貼った封筒を郵送していただく必要があります。
e-Gov電子申請システム

以下の条件で
検索しています

指定した条件は以下の通りです。

    手続名に   キーワード:「気象」 の 全てを含む手続

    から検出しました。

このページの先頭へ