ページの本文へ

(死体解剖資格)認定証明書の返納手続

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

手続について

手続名(死体解剖資格)認定証明書の返納手続
手続概要死体解剖資格の認定を受けた後、資格取得者が死亡し、又は失そうの宣告を受けた時は、戸籍法による死亡又は失そうの届出義務者は、30日以内に認定証明書を返納しなければなりません。その時に必要な手続です。
手続根拠死体解剖保存法施行令第4条
手続対象者戸籍法による死亡等の届出義務者

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期死亡等の日の翌日から30日以内
手数料なし
相談窓口保健所、都道府県衛生主管部局、厚生労働省医政局医事課試験免許室免許登録係

審査の基準や根拠法令など

審査基準
標準処理期間
不服申立方法


当該手続に関連する情報
備考
このページの先頭へ

書面による手続に関する情報

提出方法 手続書類等は、住所地の保健所(一部県については県庁)へ持参してください。
申請書様式
記載要領・記述例
添付書類・部数
  • ・死亡診断書、死体検案書、失踪宣告書、戸籍抄本(日本国籍を有しない人については、閉鎖外国人登録原票記載事項証明書)のいづれか1部
    ・認定証明書
提出先 住所地の保健所(一部県については県庁)
受付時間保健所(一部県については県庁)の業務時間内
備考【申請書様式について】
なし
このページの先頭へ

電子申請システムによる手続に関する情報

提出方法
申請書様式
記載要領・記述例
添付書類・部数
受付時間
備考
このページの先頭へ
他の電子申請システム等に関するご案内
当該電子申請システムを初めて利用する場合の留意事項等の案内ページ
当該手続の電子申請開始ページへのリンク情報URL

e-Gov [イーガブ]電子申請はこちら

その他の方法で
手続を探す場合
ライフイベント個人向け手続案内
ビジネス企業・事業者向け手続案内
このページの先頭へ