ページの本文へ

戸籍の届出(帰化)

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

手続について

手続名戸籍の届出(帰化)
手続概要日本に帰化をした者がする手続
手続根拠戸籍法第102条の2
手続対象者帰化した者

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期帰化の告示の日から1か月以内,ただし,法務局から帰化者に発行される帰化者の身分証明書の交付の日が期間の起算日となります。
手数料なし
相談窓口市区町村役場の戸籍担当課

審査の基準や根拠法令など

審査基準
標準処理期間
不服申立方法

戸籍法第121条により,家庭裁判所に不服の申立をすることができます。

当該手続に関連する情報
備考
このページの先頭へ

書面による手続に関する情報

提出方法 窓口
申請書様式 ※詳細については,提出先にお問い合わせ下さい。
記載要領・記述例 ※詳細については,提出先にお問い合わせ下さい。
添付書類・部数
  • 法務局から発行される帰化者の身分証明書
    ※詳細については,提出先にお問い合わせ下さい。
提出先 届出人の本籍地,住所地,所在地,新しい本籍地のうちのいずれかの市区町村役場
受付時間受付時間は提出先にお問い合わせ下さい。
備考

e-Gov [イーガブ]電子申請はこちら

このページの先頭へ