ページの本文へ

登録認証機関、登録外国認証機関の登録の申請

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

手続について

手続名登録認証機関、登録外国認証機関の登録の申請
手続概要登録認証機関又は登録外国認証機関の登録を受けようとする者は、農林水産省令で定めるところにより、農林水産省令で定める区分ごとに、実費を勘案して政令で定める額の手数料を納付して、センターを経由して農林水産大臣に登録の申請をしなければならない。
手続根拠日本農林規格等に関する法律第14条第1項(登録認証機関)
日本農林規格等に関する法律第34条(登録外国認証機関)
手続対象者登録認証機関又は登録外国認証機関の登録を受けようとする者

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期随時受付
手数料【JAS法第2条第2項第1号イに掲げる事項についての基準を内容とする日本農林規格が含まれる区分】
収入印紙:145,000円(102,700円+旅費)
【上記以外の区分】
収入印紙:118,700円(76,400円+旅費)
※括弧内は登録外国認証機関の場合
※別途登録免許税90,000円
相談窓口独立行政法人農林水産消費安全技術センター本部規格検査部規格検査課

審査の基準や根拠法令など

審査基準日本農林規格等に関する法律第16条第1項
標準処理期間基本的に申請書が到着した日から90日間。
不服申立方法


当該手続に関連する情報JAS規格
備考
このページの先頭へ

書面による手続に関する情報

提出方法 書類の郵送又は持込による
申請書様式 登録認証機関、登録外国認証機関の登録の申請(WORD)
記載要領・記述例
添付書類・部数
  • 登録申請書及び添付書類:各2部
    添付書類:
    1.定款又は寄附行為及び登記事項証明書
    2.次の事項を記載した書類
     イ 認証に関する業務を行う組織に関する事項
     ロ 職員、登録認証機関が委嘱する外部の委員その他の認証に関する業務に従事する者の氏名、略歴及び担当する業務の範囲
     ハ イ及びロに掲げるもののほか認証に関する業務の実施方法に関する事項
     ニ 認証に関する業務以外の業務を行っている場合は、当該業務の種類及び概要並びに全体の組織に関する事項
     ホ 認証に関する業務又はこれに類似する業務の実績がある場合は、その実績
    3.認証に関する業務から生ずる損害の賠償その他の債務に対する備え及び財務内容の健全性に関する事項を記載した書類
    4.申請の日の属する事業年度の事業計画及び収支予算に関する書類
    5.主要な株主又は社員の構成を記載した書類
    6.役員の氏名、略歴及び担当する業務の範囲を記載した書類
提出先 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎 検査棟
独立行政法人農林水産消費安全技術センター本部規格検査部規格検査課
電話:050-3797-1845
受付時間月曜日~金曜日(年末年始、祝日は除く)の9時~18時
備考

e-Gov [イーガブ]電子申請はこちら

このページの先頭へ