ページの本文へ

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請

手続概要

無人航空機を飛行させる者が、無人航空機の飛行の禁止空域を飛行させる場合や、無人航空機の飛行の方法によらずに飛行させる場合の許可・承認申請

電子申請システムによる手続に関する情報

提出方法e-Gov電子申請システムより提出可能
申請書様式e-Gov電子申請システムで提供
添付情報航空法施行規則第236条の3及び6の規定並びに「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」の規定による添付書類。
別送書類
手続可能時間24時間365日受付可能(ただしメンテナンス等によるシステム停止時を除く)
処理は「行政機関の休日に関する法律」第一条に定める休日を除く業務時間内とする。
備考
当該電子申請システムを初めて利用する場合の留意事項等の案内ページへのリンク情報国土交通省オンライン申請システムを初めて利用される方はこちらへ

この手続を電子申請を利用して申請する場合は、以下から行ってください。

電子申請連名不可

このページの先頭へ

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期当該飛行を行う10開庁日前まで
手数料なし
相談窓口国土交通省航空局安全部運航安全課、空港事務所

審査の基準や根拠法令など

審査基準航空機の航行の安全並びに地上及び水上の人及び物件の安全が損なわれるおそれがないと認められること。
詳細は「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」に掲げる基準による。
標準処理期間10日(土日祝日等を除く)
不服申立方法行政不服審査法の規定による
当該手続に関連する情報無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール
備考

手続の根拠、対象者について

手続根拠航空法第132条ただし書及び第132条の2ただし書
手続対象者当該許可又は承認を受けようとする者

書面による手続に関する情報

提出方法書面による(※)
※緊急時においては電話、ファックス等による。
申請書様式無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書(様式1)
無人航空機の機能・性能に関する基準適合確認書(様式2)
無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書(様式3)
記載要領・記述例無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領
【記載例】無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書
許可・承認申請書チェックリスト
添付書類・部数航空法施行規則第236条の3及び6の規定並びに「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」の規定による。
部数は1部。
提出先〇航空法第132条第1号の空域における飛行の許可申請
 当該飛行を行おうとする場所を管轄区域とする空港事務所
※本邦外の場合は、国土交通省航空局運航安全課
〇上記以外の許可・承認申請
 国土交通省航空局運航安全課
受付時間受付時間は提出先にお問い合わせ下さい。
備考
e-Gov電子申請システム

以下の条件で
検索しています

指定した条件は以下の通りです。

    手続名に   キーワード:「空撮 無人航空機」 の いずれかを含む手続

    から検出しました。

このページの先頭へ