ページの本文へ

医師等医療関係資格者の英文証明書申請手続

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

手続について

手続名医師等医療関係資格者の英文証明書申請手続
手続概要医師等医療関係資格者が外国で就業、留学、資格取得等を行うに際し、日本の免許を有することを当局によって証明することを求められた場合の申請手続です。英文証明書は次の3種類があります。
1.免許証英訳文証明書
 免許証の記載内容を英訳し、厚生労働省指定様式により証明するもの
2.行政処分関係英文証明書
 医師法等による行政処分を過去に受けたことがない旨を厚生労働省指定様式の英文で証明するもの
3.籍(名簿)登録事項英文証明書
 提出先医療機関等の指定様式に籍(名簿)登録事項を記入し証明するもの

それぞれの証明書に応じた必要書類(申請書及び添付書類)を厚生労働省へ提出し、書類審査を経て英文証明書が交付されます。証明書交付までには申請を受け付けてから約1ヶ月の時間をいただいています。(ただし、4~5月は通常以上に作成まで時間を要する場合があります)
手続根拠
手続対象者外国で就業、留学、資格取得等(医療に関する目的に限ります)を行うに際し、英文証明書を必要とする者(次の資格の取得者に限られます)
医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科技工士、臨床工学技士、義肢装具士

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期随時
手数料無料
相談窓口厚生労働省医政局医事課試験免許室免許登録係

審査の基準や根拠法令など

審査基準
標準処理期間
不服申立方法


当該手続に関連する情報
備考
このページの先頭へ

書面による手続に関する情報

提出方法 郵送又は持参してください。
申請書様式 免許証英訳文証明申請書
行政処分関係英文証明申請書
籍(名簿)登録事項英文証明申請書
記載要領・記述例
添付書類・部数
  • 1.免許証英訳文証明書
     希望職種の免許証の写し(日本工業規格A列4番の大きさに縮小し、免許証に裏書のある場合は、裏面の写しも添付してください)(1部)、切手を貼付の上受け取り先の住所及び氏名を記入した返送用封筒(必要部数)。

    2.行政処分関係英文証明書
     所属長等による英文証明書の発行願(1部)、履歴書(1部)、希望職種の免許証の写し(日本工業規格A列4番の大きさに縮小し、免許証に裏書のある場合は、裏面の写しも添付してください)(1部)、切手を貼付の上受け取り先の住所及び氏名を記入した返送用封筒(必要部数)。

    3.籍(名簿)登録事項英訳文証明書
     提出先医療機関等の指定様式の原本(必要部数)、指定様式の日本語訳(指定様式の写しに赤ペンで日本語訳を添え書きしてください)(1部)、希望職種の免許証の写し(日本工業規格A列4番の大きさに縮小し、免許証に裏書のある場合は、裏面の写しも添付してください)(1部)、切手を貼付の上受け取り先の住所及び氏名を記入した返送用封筒(必要部数)。
     なお指定様式に卒業大学(養成所)名等の記入を求められる場合は、卒業証書の写しもしくは卒業証明書等を添付してください。
提出先 厚生労働省医政局医事課試験免許室免許登録係
受付時間持参する場合は、月曜日~金曜日(祝日を除く)の午前9時30分から午後5時30分までです。(あらかじめ連絡をお願いします。)
備考申請書は、下の様式ファイルを印刷して使用してください。また郵送により取り寄せる場合は、封筒に「○○(希望する証明書名を記載)申請書希望」と朱書きし、必要額の切手を貼付した返信用封筒を同封の上、厚生労働省(上記提出先)に送付してください。
このページの先頭へ

電子申請システムによる手続に関する情報

提出方法
申請書様式
記載要領・記述例
添付書類・部数
受付時間
備考
このページの先頭へ
他の電子申請システム等に関するご案内
当該電子申請システムを初めて利用する場合の留意事項等の案内ページ
当該手続の電子申請開始ページへのリンク情報URL

e-Gov [イーガブ]電子申請はこちら

その他の方法で
手続を探す場合
ライフイベント個人向け手続案内
ビジネス企業・事業者向け手続案内
このページの先頭へ