ページの本文へ

特定外来生物の防除の確認又は認定申請

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

手続について

手続名特定外来生物の防除の確認又は認定申請
手続概要主務大臣以外の者が特定外来生物の防除を行う場合は、防除を行う旨とその実施方法等について、主務大臣の確認・認定を受けることができるとされています。確認・認定を受けることで、計画的でスムーズに防除を実施することができます。
手続根拠特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律第18条第1項及び第18条第2項
手続対象者特定外来生物の防除の確認又は認定を受けようとする者

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期通年
手数料
相談窓口提出先と同じ

審査の基準や根拠法令など

審査基準法令に規定する要件が形式的及び内容的に満たされているか否かによる。
標準処理期間1ヶ月
不服申立方法

行政不服審査法による

当該手続に関連する情報外来生物法ホームページ 特定外来生物の防除
管轄の各地方環境事務所等
備考

このページの先頭へ

書面による手続に関する情報

提出方法 郵送又は持参
申請書様式 様式10 特定外来生物の防除の確認又は認定申請書
PDF
一太郎
WORD
記載要領・記述例 上記様式にある「記載上の注意事項」参照
添付書類・部数
  • 1.防除実施計画書
    2.申請者の略歴を記載した書類
    3.申請者が法人にあっては、現に行っている業務の概要を記載した書類、定款又は寄付行為、登記事項証明書並びにその役員の氏名及び略歴を記載した書類
    部数:農林水産大臣と共管の特定外来生物については2部。それ以外は1部。
提出先 管轄の各地方環境事務所等
受付時間就業時間中(土曜日、日曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、国民の祝日等の休日を除く:8時30分~12時、13時~17時)
備考

e-Gov [イーガブ]電子申請はこちら

その他の方法で
手続を探す場合
ライフイベント個人向け手続案内
ビジネス企業・事業者向け手続案内

このページの先頭へ