ページの本文へ

郵便切手類模造等の許可の申請

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

手続について

手続名郵便切手類模造等の許可の申請
手続概要日本郵便株式会社又は外国の郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票に紛らわしい外観を有する物(郵便切手類模造等取締法第一条第二項の許可を受けたものとみなされるもの(昭和47年郵政省告示第881号)を除きます。)を製造し、輸入し、販売し、又は頒布する場合は、総務大臣の許可を受ける必要があります。
許可を受けようとされる場合は、必要な書類を提出してください。
手続根拠郵便切手類模造等取締法第1条第2項
郵便切手類模造等の許可に関する省令第3条
手続対象者日本郵便株式会社又は外国の郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票に紛らわしい外観を有する物(許可を受けたものとみなされるものを除く。)を販売又は頒布のため製造し又は輸入しようとする者

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期日本郵便株式会社又は外国の郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票に紛らわしい外観を有する物を販売又は頒布のため製造し又は輸入しようとするとき
手数料なし
相談窓口総務省情報流通行政局郵政行政部郵便課

審査の基準や根拠法令など

審査基準郵便切手類模造等許可基準
標準処理期間2週間
不服申立方法

行政不服審査法に基づく不服申立てによる。

当該手続に関連する情報制度および手続、並びに申請書および添付書類の送付先住所はこちらを参照してください。
備考
このページの先頭へ

書面による手続に関する情報

提出方法 郵便切手類模造等許可申請書を下記提出先に提出してください。
申請書様式 郵便切手類模造等許可申請書
(DOC)
(一太郎)
(PDF)
記載要領・記述例 郵便切手類模造等許可申請書記入例(DOC)
郵便切手類模造等許可申請書記入例(PDF)
仕様記載例(DOC)
仕様記載例(PDF)
添付書類・部数
  • 仕様書1部(申請書の仕様欄に記入することができない場合)
提出先 総務省情報流通行政局郵政行政部郵便課
受付時間月曜日から金曜日(閉庁日を除く。)の9時30分~18時00分
備考

e-Gov [イーガブ]電子申請はこちら

その他の方法で
手続を探す場合
ライフイベント個人向け手続案内
ビジネス企業・事業者向け手続案内
このページの先頭へ