ページの本文へ

麻酔科標榜許可の申請手続

書面による手続及び電子申請システムによる手続の共通情報

手続について

手続名麻酔科標榜許可の申請手続
手続概要厚生労働大臣は、申請を行った医師が次の基準を満たしていると認めるとき、医療法第6条の6第1項の許可を与えるものとする。
1.医師免許を受けた後、麻酔の実施に関して十分な修練を行うことのできる病院又は診療所において、2年以上修練をしたこと。(医療法施行規則第42条の4第2項第1号。以下「基準1」とする。)
2.医師免許を受けた後、2年以上麻酔の業務に従事し、かつ、麻酔の実施を主に担当する医師として気管への挿管による全身麻酔を300症例以上実施した経験を有していること。(同項第2号。以下「基準2」とする。)

提出書類等は以下の通りです。
【基準1・2共通】
(1)麻酔科標榜許可申請書〔別紙第1〕・・・2部(1部はコピーで可)
(2)麻酔科標榜許可書返送用封筒・・・1通(角2封筒(A4サイズ)に送付先(自宅又は勤務先)及び氏名を記載し、205円分の切手を貼付のこと)
【基準1】
(3)麻酔施行経験証明書〔別紙第2〕・・・1部(各施設毎に作成のこと)
【基準2】
(4)麻酔施行経験証明書〔別紙第3〕・・・1部(症例日の古い順に記載し、各施設毎に作成のこと)
手続根拠医療法第6条の6第1項
手続対象者医師で麻酔科標榜許可を受けようとする者

提出時期、手数料、主幹窓口について

提出時期次回提出〆切:平成28年6月1日(水)消印有効(不備の無いものに限る)
※例年、年3回(1月末、5月末、9月末)の締切としています。
手数料なし
相談窓口医政局総務課

審査の基準や根拠法令など

審査基準平成17年厚生労働省令第60号
標準処理期間3~6ヶ月
不服申立方法


当該手続に関連する情報
備考5月末まで申込みの方の結果通知は8月上旬郵送予定になります。

このページの先頭へ

書面による手続に関する情報

提出方法 申請書類は、医政局総務課へ書留郵便で送付して下さい。
申請書様式 別紙第1(PDF)
別紙第1(XLS)
別紙第2(PDF)
別紙第2(WORD)
別紙第3(PDF)
別紙第3(XLS)
記載要領・記述例 厚生労働省令第60号(平成17年3月31日)
麻酔科標榜許可の審査に係る医療法施行規則の一部改正の留意事項について
別紙第1記入例
別紙第2記入例
別紙第3記入例
添付書類・部数
  • 提出書類等は以下の通りです。
    【基準1・2共通】
    (1)麻酔科標榜許可申請書〔別紙第1〕・・・2部(1部はコピーで可)
    (2)麻酔科標榜許可書返送用封筒・・・1通(角2封筒(A4サイズ)に送付先(自宅又は勤務先)及び氏名を記載し、205円分の切手を貼付のこと)
    【基準1】
    (3)麻酔施行経験証明書〔別紙第2〕・・・1部(各施設毎に作成のこと)
    【基準2】
    (4)麻酔施行経験証明書〔別紙第3〕・・・1部(症例日の古い順に記載し、各施設毎に作成のこと)
提出先 〒100-8916
東京都千代田区霞が関1-2-2
厚生労働省医政局総務課
受付時間業務時間内
備考【申請書様式について】
申請書様式は、A4版タテサイズになります。印字した上でご使用になれますが、手書きの他にワープロ打ちでも構いません。記載にあたっては、記載要領をご参照いただき、別紙第1~別紙第3の下部にそれぞれ記載されている注記にご留意下さい。また、申請書類の訂正箇所については、二重線を引き、訂正印を押下して下さい(修正液、修正テープ等の使用は厳禁)。別紙第2、3の訂正箇所は公印を押下して下さい。ご質問等がございましたら、相談窓口までお問い合わせ下さい。
【返送用の封筒について】
平成26年4月の郵便料金改定により205円分の貼付をお願いします。

このページの先頭へ

電子申請システムによる手続に関する情報

提出方法
申請書様式
記載要領・記述例
添付書類・部数
受付時間
備考

このページの先頭へ

他の電子申請システム等に関するご案内
当該電子申請システムを初めて利用する場合の留意事項等の案内ページ
当該手続の電子申請開始ページへのリンク情報URL

e-Gov [イーガブ]電子申請はこちら

以下の条件で
検索しています
指定した条件は以下の通りです。
  • 手続名に   キーワード:「麻酔科」 の 全てを含む手続

から検索しました。

このページの先頭へ